飲んだ次の日は臭いが気になる

仕事をしている方のほとんどが、ある程度定期的にお付き合いでお酒をことがあると思います。

 

特に営業など人と接することが多い方ほどお付き合いの回数も多くなるのではないでしょうか?

 

私も営業職ということもあって、結構頻繁にお客さんとお酒を飲む機会があります。

 

それ自体はもう慣れたものなので、次の日の仕事に影響がでないようにできるのですが、どうにもならないのが体臭です。

 

お酒を飲んだ次の日は何となく汗の量も多くなっているような気もするし、何よりも汗自体が臭くなっているような感じがして、いつも以上に体臭が気になってしまいます。

 

そこで、同じような悩みを抱えている方に、お酒が及ぼす体臭の影響、そして飲み会などの次の日の体臭ケアの方法を紹介しましょう。

アルコールは体臭の原因を作り出す

お酒を飲むとなんとなく体臭がきつくなっているような感覚がありましたが、実際に臭いはきつくなります。

 

その理由はアルコールです。

 

アルコールそのものが体内から汗として分泌するわけではなく、アルコールを肝臓で分解した時に発生する毒素が汗に混じって臭いのもととなるのです。

 

そのため、通常の汗のように乾くと雑菌が発生して臭うようになるわけではなくて、汗自体がすでにきつい臭いを発しているので、汗ふきシートなどで清潔を保っても、また汗をかいてしまえば体臭につながってしまうのです。

 

だから、お酒を飲んだ次の日は体臭が強いだけでなく、いつもとは臭いの種類が違っていたり、デオドラントを使ってもあまり効果を感じなかったりするのです。

アルコールが原因の体臭ケアはサプリメントで!

先ほど説明したように、アルコールによって体臭がきつくなる場合は、デオドラントなどで表面的に臭いを消すことは難しいと言いました。

 

じゃあ、どうしたらいいのかというと、おすすめなのが体臭ケアサプリメントです。

 

この手のサプリメントは最近結構有名になってきているので見かけたことがある方もいると思いますが、基本的には臭いを消す成分を摂取して、体内に潜んでいる臭いの原因に働きかけるというものです。

 

そのため、汗などの分泌物そのものに臭いの原因が含まれている場合には、先回りしてケアすることができるため、理にかなっていると思うのです。

 

また、サプリメントであれば、だいたいのものが1日1〜2回飲むだけなので、家でも外出先でも困ることはありませんし、デオドラントなどのように人目につかないところに隠れる必要もありません。

 

そのため、お酒による体臭が気になる方だけでなく、制汗剤などを使うのが気まずいと感じている方も使ってみるといいと思います。

いつも飲んでいるサプリメントはこちら
臭ピタッ!で気になる臭いをピタッと消臭!

臭い対策は必要な時に使えるものであることと、続けやすいことが大事なので、場所やタイミングを選ばなくていいのは本当に便利です。

 

飲むだけで一日安心していられるというのも魅力なので、ぜひ試してみて下さい。